貯金2000万からのセミリタイア継続中

40代・貯金2000万円で無謀なセミリタイア生活を始めて5年以上継続中。気がつけば50代に…

年金だけでは苦しいかと思っていたが「ケセラセラ」

「なるようになるケセラセラ」

allabout.co.jp

ケセラセラ」はフランス語のイメージがありますが、「なるようになる」という意味のスペイン語です。

「ケセラセラ」でぐぐると、今話題のMrs. GREEN APPLEの曲が出てきます。去年のレコード大賞を受賞しているんですね(知らなかった)。

ヒッチコックの『知りすぎていた男』で使われた歌のほうなら知っているんですけれど。

「毎日を楽しく過ごすにはお金は必要ない」

さて、本題は「All Aboutマネー」の年金エピソード記事ですが、年金15万円・支出13万円で暮らす69歳男性です。

最近は現在の年金額について「満足している」と答えるケースが増えているようで、これもその一つ。

そういうエピソードの投稿が増えているのか、バランスを取っているのかわかりませんが。

物事を悪く考えない」ケセラセラの精神のおかげで「毎日を楽しく過ごすにはお金はさほど必要ない」と言えるのかも。

ただ、「全国家計構造調査(2019年)」によると高齢無職単身男性の年金収入は平均15万円、支出は14万3千円ほどです。

高齢無職単身世帯の男女別実収入及び消費支出

この男性のケースは、この平均に近い(支出がやや低い)数字で、決して特別なことはしていない人だと思います。

繰り上げ受給している60歳のケースは…

こちらも現在の年金額に「満足している」と回答している60歳男性のケースですが、その詳細はちょっと不可解です。

allabout.co.jp

繰り上げ受給で年金額は13万8千円。24.0%減額されてこの額だとすると、65歳から受給するなら18万円以上貰えていたはず。

年金18万円は現役時代に相当年収が高かったはずですが、リタイア前の年収が250万円で貯金もほぼなし。

それでいて支出は月2万円という謎が多いエピソードですね。

物価が高騰して不安だというなら、どうして繰り上げ受給したのか問いただしたくなりますし。

ということで、記事の中身には「満足していない」という感想でした。

得する年金生活