貯金2000万からのセミリタイア継続中

40代・貯金2000万円で無謀なセミリタイア生活を始めて5年以上継続中。気がつけば50代に…

今年も猛暑の予報が…夏の節約をどうするべきか?

今年の夏も猛暑の予報

tenki.jp

気象庁は今日25日、7月から9月にかけての3か月予報を発表。気温は全国的に7月から9月にかけて平年よりも高い見通し。昨年2023年の夏は、過去最も暑い夏となりましたが、この夏も異例の猛暑となる可能性もあります。梅雨明け前から万全な熱中症対策を心がけてください。

今年の夏も猛暑の予報がでています。というか6月の今既に猛暑なんですけどね。

岸田首相は電気・ガス料金の補助を8月から再開すると発表しましたが、7月から猛暑続きになるとすると、電気料金の節約のためにエアコンを我慢して熱中症になる人が出そうで心配です。

夏にできる「節約」5つ

このタイミングで、夏にできる節約についての記事がありました。

esse-online.jp

今まで聞いたことなかった節約術があるかと期待しましたが、特に目新しいものはなかったです。

日中の照明については、できるだけ照明を使わないように明かりを取り入れた方がいいのか、エアコンの節約のために日光をできるだけ遮断した方がいいのかの比較になりますね。

真夏は照明の電気代よりも、室内の温度を上げないように暗くなるくらいに遮光した方が電気代の節約になりそう。

その場合は、記事にあるように照明を最小限にするというのが節約の一つですね。

梅雨型熱中症にも気をつけたい

梅雨が明けてからの猛暑に要注意なのは間違いないですが、梅雨の今も熱中症には要注意です。

湿度が高い時になる「梅雨型熱中症」に注意が必要です。

times.abema.tv

6月だからまだエアコンをつけるのは早い、気温は28度だからエアコンは必要ない、などと我慢すると危ないですね。

節約よりも健康が大事というか、熱中症になったらお金がかかって節約にならないので、節約のためにエアコンを使うくらいの気持ちでいいと思います。

猛暑対策BOOK: 日本のヤバい夏を最新科学の力で乗り切る!