貯金2000万からのセミリタイア継続中

40代・貯金2000万円で無謀なセミリタイア生活を始めて5年以上継続中。気がつけば50代に…

生活費が不足している状況で新NISAやっていいのか?

新NISAの実態に関する調査

prtimes.jp

NISA口座未開設だが興味がある1000人と、1年以内に開設した500人を対象にしたアンケート調査です。

新NISAに興味がある(とても興味がある+やや興味がある)」と回答した人でも、そのうち1年以内に開設する意向の人は4割ほど。

そもそも新NISAに興味があると回答したのが27.3%だったので、NISA口座未開設の人のうちの11%ほどになりますね。

この4割が実際に意向通りに1年以内に開設するかというと、そうは思わないです。

本当に半年以内に開設する意向を持つほど興味を持っているのであれば、新NISAスタート時に開設してるでしょうから。

これから1年で新NISA口座を実際に開設する人は、未開設者のうちの数%じゃないかと思います。

生活費が不足するから新NISAが必要??

次の「円安や物価高などで生活費が不足するので、新NISAやポイ活などは必要なことだと思うか」という問いがモヤっとしました。

ポイ活は生活費の足しにできるのでよくわかります。

しかし新NISAは、投資にお金を回したら不足している生活費をさらに削らざるを得なくなるわけで、意味がわかりません。

短期で利益確定すればプラスになるでしょうけど、逆にマイナス(評価損)になる可能性だってあります。

特につみたて投資枠に関しては長期で投資するものですし。

新NISAやポイ活」という、全く違うものを一括りにしている質問はちょっと雑でしたね。

新NISA口座開設&つみたて設定でポイ活もできるよ!」をアピールするためのアンケートだからなんでしょうけど。

投資は生活費に余裕資金で

投資は余裕資金でやるものであって、「生活費が不足」という状況であるならば、投資はオススメすべきではないでしょう。

物価上昇以上に節約をして、投資資金を捻出できるのならともかく。

新NISAは成長投資枠で短期売買も可能ではありますが、やはり長期投資で考えたほうがいいでしょうね。

ダイヤモンドZAi24年8月号