貯金2000万からのセミリタイア継続中

40代・貯金2000万円で無謀なセミリタイア生活を始めて5年以上継続中。気がつけば50代に…

生き方・死生観

何でも「お金を支払う=損」と考えるのは守銭奴への道

「お金を支払う=損」思考が家庭崩壊を招く www.nikkan-gendai.com 蓄えを増やしたい一心で、家計支出を減らすケチケチ作戦を実践。最初は夫や子供たちも協力的だった。だが、彩りのない食卓やたまの外食すら玲子さんが拒むなど、いつしか、家庭内に隙間風が…

お金にゆとりがないなら「ささやかでも満ち足りて自由な暮らし」を

心ゆたかに暮らすために大切なこと president.jp 64歳(執筆当時)のショコラさんは、企業年金とパートの収入計12万円で毎月やりくりしている。ショコラさんは「貯金とは別に予備費をつくることで、心にゆとりができて節約も苦にならない」という――。 ショコ…

アメリカの平均寿命は1年短縮 逆に日本はさらに伸びた? 

アメリカの平均寿命が1年短縮 www.tokyo-np.co.jp 新型コロナウイルスの影響などで昨年前半の米国民の平均寿命は2019年比で1歳、黒人では2・7歳短くなったことが米疾病対策センター(CDC)の報告書で分かった。AP通信は、CDC関係者の話として…

孤独死が心配な人のための「おひとりさま信託」 銀行が先に無くならないか心配だが…

人生100年時代を生きるおひとりさまを応援 www.nikkan-gendai.com 菅首相が新型コロナウイルス禍で増える「孤独問題」を担当する大臣に田村憲久厚労相を“任命”。自殺者の増加など、おひとりさまの孤独対策は喫緊の課題だ。民間でも、おひとりさま向けのサー…

世界中でダントツ孤独な日本人男性は修行僧なのか?

世界一孤独な「日本人男性」 gentosha-go.com 隣近所、職場内やスポーツ・娯楽・趣味の集まりなどの社会集団の中で、人とほとんど、またはまったく一緒の時間を過ごさない成人男性の割合は、日本男性が断トツの1位で、17パーセントです。これは、OECD加盟国…

私が「セミリタイアラー」という言葉を使わない理由

時折目にする「セミリタイアラー」 「セミリタイアラー」という言葉は、にほんブログ村の「セミリタイア生活」に登録されたブログの記事の中で時折見かける言葉です。 そもそも「セミリタイア(semi-retire)」という言葉が、大橋巨泉氏が作った和製の造語と…

「幽閉的な日常生活」を楽しめないと精神的におかしくなる

幽閉的な日常生活そのものを楽しめないと精神的におかしくなる president.jp 「幽閉的な日常生活」は、ひきこもり気味の生活をしている私にとっては、現在進行系の日常です。 インターネットがない時代なら、私もここまで日常を楽しめてなかったと思います。…

亡くなったら50万円かけてでもスマホの中身を見られる?

50万円かけて故人のスマホロック解除 dot.asahi.com ネット銀行やネット証券はもちろんのこと、生命保険の契約情報もスマホやパソコンを見ないとわからない時代です。 それらの情報は死後に簡単に閲覧できるようにしておかないと、遺族が遺産相続の手続きで…

これからのお葬式は「香典をアテにしない」

葬儀費用の平均は減少傾向で186.1万円 seniorguide.jp 今回の調査では、葬儀費用の合計は「186万円」でした。 費用の内訳は、「葬儀社への支払い」が「112万円」、「お寺への費用」が「37万円」、「会葬者への接待費」が「36万円」です。 過去の調査を見ると…

「これを買ったら、誰が儲かるか?」を考えると無駄遣いが減る

「家族に看取られて死ぬなんて恐ろしい」 kaigo.homes.co.jp 家族に看取られるのは「周りは生きているのに“自分だけ死んでいく”」、その周りの中には遺産が入ってくることを考えてる人間もいるはずだ、と。 ヒロシらしい考え方ですねぇ…私は何かと共感してし…

上品・中品・下品、それぞれ三つあって全部で九品

上品・下品以外に中品もある 日本語でよく使われるのは「上品」か「下品」の2つだと思います。 私は歳を取っても上品でいたいと思っていますが、今現在が上品でないので到底無理かもしれません。 言葉遣いなどはそれほど下品ではないのですけど、上品な格好…

コロナ禍は新しい生き方の気づきに

コロナ禍は「良かったこともあった」 news.mynavi.jp 27日に放送される読売テレビ・日本テレビ系旅番組『遠くへ行きたい 50周年スペシャル! ニッポンのごちそう』(6:30~7:30)に、旅する人として出演する料理研究家の土井善晴氏。新型コロナウイルスに襲われ…

遺言書を書く適齢期は55歳?

コロナ禍で高まる「終活」への意識 president.jp 親が保有する財産がわからず、相続発生後に苦労する子ども世代は多い。新型コロナの感染拡大で「終活」の意識が高まっているいまは、親と財産のことを話すチャンスだ。何を聞いておけばいいか、税理士の井口…

悠々自適に働けるフリーランスはごくわずか

「独立開業の道」はつらくて険しい道 toyokeizai.net 「会社員として働くよりも、自分のペースでのんびり働けそう……」 フリーランスに憧れる人の中には、こうした幻想を抱く人もいるかもしれません。しかし、フリーランスとして悠々自適に働ける人はごくわず…

老後に大事なのは「コミュニケーション」「お金」「知識」のバランス

老後=お金の問題ではない kaigo.homes.co.jp バリバリのキャリアウーマンで、子どもの頃から憧れの存在だった伯母さんが突如“孤独死”したことを知らされる──。そんなちょっと衝撃的なシーンで幕を開けるのが、30代独身女性の終活をテーマにしたカレー沢薫さ…

読解力が豊かな人なら、京都人の本音も読み解ける?

出題者は、どんな答えを求めているのか? gendai.ismedia.jp 学びの場における忖度力とは、「先生や出題者は、どんな答えを求めているのか」と考え、マルをもらえる答えを見つける力です。一方で学びの場における読解力とは、「この文章は何を意味しています…

高額消費に潜む落とし穴

お金で幸せは買えるか www.nikkei.com 高額消費で手に入る幸せはたくさんあるけれど、工夫がなく高額のお金を使うだけでは飽きがきて、より刺激を求めてしまいがちという話です。 同じような人間同士が、消費の金額やその派手さ、レアさを競いあって、金額だ…

「フリーター社会」の江戸時代の庶民は、現代より気楽に生きていけた?

江戸時代は「フリーター社会」 gendai.ismedia.jp 「フリーターの多い社会」と言うよりは、「日雇い職人・労働者が多い社会」と言った方がいいでしょうね。 建築・土木業界では、まだ日雇い労働や日給月給制が残っていますが、それが当たり前の社会だったと…

何となくダラダラと続けてることは、思い切って辞めてみればいい

ホントはやなこと、マジでやめてみた www.news-postseven.com ムカつく友人や親戚との付き合い、どうでもいいLINEグループのやりとり、職場のプレゼント文化……私たちの日常には、めんどうくさいと思いながらも時間を取られていることがたくさんありますよね…

「田舎は仕事がない」はウソ?ホント?

「田舎は仕事がない」はウソ www.sankeibiz.jp 小山氏は「『田舎は仕事がない』というのはウソ。小さな仕事がものすごくたくさんあって、たぶんお金には困らないし、そもそも年に200万~300万円あれば生きていける」と指摘。その上で「現在、一緒に活…

同居の家族がいるのに孤独死する「同居孤独死」

ひとり暮らしで怖いのは「孤独死」 ひとり暮らしをする独身者にとって怖いのは「孤独死」することです。 孤独死と言うと、高齢者を思い浮かべるかもしれませんが、実は65歳未満が29%もあります。 40代・50代でも2割になるというのだから、現時点でも他人事…

「自分らしく生きる力」って何だろう?

40代・50代の3人に2人が「自分らしく生きる力が必要になってきた」と感じる prtimes.jp 「Q3.コロナ禍において自分らしく生きる力が現在必要になってきたと感じますか?」(n=109)と質問したところ、「非常に感じる」が20.2%、「感じる」が45.9%という回答…

もしも貯金が1億円あったら

もしも貯金が3000万円あったら 今は貯金2000万を切ってしまいましたが、もしもセミリタイア生活に入る時点で3000万円あったら…と考えてみました。 多分、生活はほとんど変わらないでしょう。 働く時間・期間がもう少し短い可能性はありますし、娯楽に注ぎ込…

仕事でのストレス要因は「プレッシャー」や「人間関係」

仕事の最大のストレス原因は「プレッシャー」 www.jiji.com ・仕事の主なストレス原因は「プレッシャー」や「対人関係」・ストレスの少ない仕事1位は「倉庫・工場での作業」 仕事上のストレスと言えば、人間関係・対人関係が一番最初に思い浮かびましたが、1…

「サラリーマンは苦行」だけど、定年後の起業がバラ色である保証はない

「会社員は苦行」だから起業を目指すシニア www.nikkei.com 一身にして二生を経る──。実測による日本地図を作った伊能忠敬が測量の旅に出たのは50歳を過ぎてからだった。現代の日本においても、10代の時から起業をめざした日本電産の創業者・永守重信氏のよ…

終活産業の大倒産時代がやってくる? 永代供養のはずがお骨返送って…

「終活」大倒産時代へ www.moneypost.jp 葬儀ブランド「小さなお葬式」を運営するユニクエストが4月に行なったアンケート(全国86の葬儀社が回答)では、9割の葬儀社で「緊急事態宣言に伴い葬儀の規模や内容が変化した」という。 「通夜告別式をしない『直葬…

おひとりさま老後生活は「ズボラ」が快適

快適なおひとりさま老後生活 www.moneypost.jp 配偶者に先立たれ、一人暮らしになる女性が増えているという。快適な“おひとりさま”生活をおくるために“やった方がいいこと”がクローズアップされることは多い。しかし、身軽に快適に過ごすためには、実は何を…

成功者の真似をするにはメンタルの壁がある

トップアスリートはメンタルが強い トップアスリートとして成功するには、プレッシャーに打ち勝つメンタルが求められます。 逆に言うと、本番のプレッシャーに弱い選手や、練習で出来ることが試合で出来ない選手は大成しません。 そもそも練習で出来ることが…

「若い頃にやっておけば良かった」と思うこと

若い頃の自分に「〇〇はやっておけ」と伝えたいこと www.sankeibiz.jp 調査1:年齢を重ねて気がついた、若い頃の自分に「〇〇はやっておけ」と伝えたいことを教えてください。 『外国語を学べ』が総合・男女別共に1位、2位が『海外旅行』(男性:3位、女性:…

「独身貴族」なんて夢のまた夢 今や「独身平民」ですらない

「独身貴族」なんて夢のまた夢 www.moneypost.jp 「独身貴族」はもう古い言葉の扱いで、あまり使われなくなってるとは思いますが… 「独身貴族」という言葉自体は、一説によると1977年頃から使われだしたとか。 1977年発刊の『ヤング強奪の商法―独身貴族の金…